ギリギリのところまで公開!風俗体験談

首都圏で若い子と

首都圏に住んでます。仕事が忙しく中々休めなかったのですが、今日は久しぶりの休み。朝から首都圏内で若い子がメインの、新しいデリヘル店をインターネットで物色。気になったお店の在席予定のプロフィールを見て気になる女の子がいたので、開店早々にTELしました。すると感じのよいスタッフから、在席一番が空いているとのこと。受付けにTELして気になる女の子以外にお勧めの子がいるか聞いてみましたが、やはり初めにピンと来た女の子が良さそうなので、こちらの目印を伝え予約を入れました。受付けはまったく問題なかったです。昼食を近くで済ませ、首都圏で有名な待ち合わせ場所に向かいました。時間の少し前に着き待っていると非通知で着信。「すぐ近くにいますぅ」と可愛らしい声です。探してみるとこちらを向いて笑顔の女の子がいました。このときの瞬間はどきどきしながらいい雰囲気ですね。近づいてあいさつして、近くのラブホテルに向かいました。相手の女の子は、ピッチピチの10代です。これはプロフ通りで間違いなさそうですよ。割と背が高くおっぱいの大きい子です。ちゃんとあいさつができ好インプレッションです。ホテルに向かいながらいろいろな雑談をしました。

首都圏で見つけた素人っぽい子。

慣れてきたらまた反応が違ってくるんですよね。

首都圏のとある駅から歩いて5分、雑居ビル全域がこの店の系列店です。入り口でスタッフから指名を聞かれるも、特になかったので写真を見て、お勧めがいるという事で入ったばかりの新人の女の子に決定。ウェイティングルームで問診表を書きながらテレビを見て待ちます。この首都圏のお店のヘルス嬢は体入ということで、フリーの客に当てるんですよね。もちろんこっちもそれでもいいやと思ってフリー宣言してるんですよ。首都圏だと、体入の女の子ってモロ素人って子が多いですから、掘り出し物に出会うときがあるんですよね。軽く雑談をしながら、お互いの服を脱ぎシャワールームで洗ってもらう。シャワーから出て身体を拭いてもらい、女の子がしゃがむと同時に自分のおちん○んも拭いてくれました。この女の子は初めてだというのに、チンコを握ったら全く離さないですよ。ベッドに移動しまずは女の子を攻めます、いや〜攻めがいのある女の子でたくさん鳴いてもらい最後には痙攣までして果ててました。これは病みつきになりそうですけど、慣れてきたらまた反応が違ってくるんですよね。

首都圏で敏感な女の子を発見

首都圏のホテヘルで呼んだ怜奈という女の子は透明感のある女の子でしたが、それ以上に印象に残っているのが感度です。とても敏感な女の子でちょっと乳首を触るだけで、体をのけぞらすというか、しっかりと反応してくれるおかげでとっても楽しい時間になりました。しかも、シャワーの際にこちらから結構あれこれ触っていたんですけど、それだけで結構濡れていたんですよ。首都圏で珍しい子ですね。そして、それを知ったら結構興奮してきたというか、そうすると今度はこっちが興奮してくるじゃないですか。いろんな形で楽しむ事が出来たっていうのは言うまでもないんですけど、あの時の怜奈の表情は今でも覚えています。怒っている訳でもなく、かといって悲しんでいる顔でもない、あの絶妙の悶えている表情っていうのは個人的に本当にツボで、それ以来怜奈は自分のおかずにもなっています。やっぱり敏感な女の子を攻めるのはとても楽しいなと改めて自分の性癖に気付かされた一日にもなりましたし、大満足ですね。また首都圏のこのお店は行きたいですね。